*All archives* |  *Admin* |  Popluar Blog Ranking |  FC2 Blog Ranking |  EDFLKU Home Page

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
Grading Policy
成績評価について。わたしの場合、不合格者を1割前後に抑えるため、平均点が低すぎる場合、それが75前後になるように、調整している。それでも合格点を超えない場合は、涙を飲んでもらっている。

顔も名前も覚えた学生が不合格になるのはこちらだって辛い。でも、たとえそうなっても、あまり落ち込まないように。もしその気なら、再チャレンジしてください。そうやって合格していった先輩たちが何人もいるので・・・。

20170728 Kyushu Lutheran High School
(Kyushu Lutheran High School, 28 July 2017)
Lone Wolf 4
授業以外で、英文研の学生と話すと日本語で答えが返ってくる。他専攻の学生と話すと英語で答えが返ってくる。世界を意識しない者と、絶えず意識している者の差。悲しいけれど、わたしはたとえ一匹狼になっても後者の道を選ぶ。

20170817 Campus Swimming Pool
(Campus Swimming Pool, 17 Aug 2017)
The Hungry Spirit
「英文学演習」の成績を返却した。トップは中国人留学生、2位と3位が英文専攻生だった。筆記試験のトップは日本人の他専攻生。この授業には英文専攻生のなかでもmotivationが高く、実力派の学生たちが受講していたのだが・・・。

「英文学史Ⅰ」の成績を返却した。トップ4まで留学生が独占した。筆記試験もトップ2まで同様だった。

惨敗

英語を母語としない点では同じ立場のアジアからの留学生にさえ勝てない。日本のトップ・レヴェルの大学に追いつく世界レヴェルをめざす・・・どころの話ではない。

かつては英文専攻の学生たちは仲間であると同時によきライバルだった。成績発表(答案返却)の日、自分のcontribution pointsがトップの学生のそれよりも低いことに納得できないと、苦情を言いに来た学生もいた。競争回避・安定志向のゆとり教育世代には、わたしの悔しさがわかるだろうか(答案を返しながら、心の中では泣いていたぞ)。

中国人留学生は、日本での学位があれば、母国に戻ったとき、就職に有利になるという。ハングリー精神が違うのだ。

英文専攻生たちはこの現実を真摯に受け止めていると信じたい。来学期はぜひ挽回してくれることを期待しています。

20170721 Sunset from the Letters Faculty building
(A Sunset View from the Letters Faculty Building, 21 July 2017)
Letters Faculty Research Fund
文学部学術研究推進経費というのをわずかだが獲得できた。5、6年応募して初めて。失敗するたびに教授会で恥をかき、屈辱を味わった。これで秋の学会に出張できる。

3年前に科研費に採択されたときも、20数年応募し続けて初めてだった。優秀な人は毎年のように採択される。わたしの場合は、たくさんの挫折を味わって、やっと願いが叶う。

わたしの人生は、いつもこんな感じ・・・。

20170604 Seto Ohashi Bridge
(Seto-Ohashi Bridge, 4 June 2017)

I Can't Speak Japanese.
授業終了後、学生が2人質問に来た。1人は英文専攻生。もう1人は他専攻生。

いつものように英語で答えると、後者のほうが真顔で聞いてきた。「先生は日本人ですか。日本語はしゃべれるのですか」。「いいえ、しゃべれません。日本語はへたくそです。英国で教育を受けたので・・・。聞くほうはだいたいわかります。99%くらいは」と答えたら、不思議そうな顔をした。

事情を知っている前者のほうが、隣でクスッと笑った。

20170604 Osaka, Kobe, Seto-Ohashi
(Kansai Airport, Kobe Airport, and Akashi-Kaikyo Bridge: A View of Osaka Bay, 4 June 2017)
プロフィール

EDFLKU

Author:EDFLKU
当研究室の教員です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
現在の閲覧者数: